ようこそ「EXILE画像★EXILE動画写真集」へいらっしゃいました!このサイトは、EXILEが今とっても気になっているとか、EXILEの大ファンだ!またはEXILEが大好き!EXILEのお宝画像動画壁紙などが欲しい!という方を対象に、様々な情報を提供していきます。最近はyoutubeやGyaOなど動画サイトの登場で動画がより身近になり、Dailymotionも日本語化されて便利になりました。もちろん、EXILEのお宝動画を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★EXILE 検索はこちら!★
TopEXILE 紹介 >EXILEについて

EXILEについて

EXILE画像壁紙動画をお探しのみなさまへ。
EXILEのプロフィールを紹介します。(Wikipediaより)

EXILE(エグザイル)は、日本の音楽(J-POP、R&B)とダンスパフォーマンスの融合を目指した7人組のヴォーカル&ダンスユニットである。所属事務所はメンバーのHIROが社長を務める株式会社LDH。所属レコード会社はavex(レーベルはrhythmzone)。台湾や中国では「放浪兄弟」の名義となっている。

以下より日本のEXILEについての記述。

1991年、ダンスグループ「ZOO」のメンバーだったHIRO、BOBBYでダンスグループ「JAPANESE SOUL BROTHERS」を結成。その後「BABY NAIL」等で活動していたMATSU、USA、MAKIDAI、RYUZY、NORIが加入。この時点ではヴォーカルはいない。
1999年、HIROを中心にパフォーマーMATSU、USA、MAKIDAI、ヴォーカルSASAの5人で「J Soul Brothers」を結成。
2001年8月24日、前ヴォーカルSASAの脱退、ヴォーカルATSUSHIとSHUNの新加入を経て、「EXILE」と改名。
2001年9月27日、デビューシングル『Your eyes only〜曖昧なぼくの輪郭〜』を発売。オリコン最高4位、累計25.0万枚を記録。この楽曲はEXILEのために書き下ろされたものではないが、諸事情によりEXILEが担当することになる。月9ドラマの「できちゃった結婚」の挿入歌として流れていた。
2001年、12月14日、「第34回日本有線大賞」有線音楽賞受賞。
2003年2月13日、2枚目のアルバム『Styles Of Beyond』を発売。自身初のオリコンチャート1位を獲得する。
2003年5月28日、8枚目のシングル『Breezin'〜Together〜』を発売。36.7万枚をセールス、オリコン最高2位を記録。
2003年11月6日、ZOOの1991年のヒット曲『Choo Choo TRAIN』をカバー、リリースしリバイバルヒット。この曲が含まれた3枚目のアルバム『EXILE ENTERTAINMENT』がミリオンセラーとなり、同曲で紅白歌合戦に初出場。
2004年からはソロプロジェクトも展開しており、トーク、恋愛、お笑い番組にも出演している。
2004年、2005年と2年連続で「ベストヒット歌謡祭」にてポップスグランプリを受賞。
2004年6月30日、15枚目のシングル『real world』を発売。自身初のオリコンシングルチャート1位を記録。
2004年にミュージカル「HEART of GOLD〜STREET FUTURE OPERA BEAT POPS〜」の企画段階から携わり、主演した。
2004年12月18日、「第37回日本有線大賞」最多リクエスト歌手賞受賞。
2005年7月20日、GLAYとのコラボレーションにより、GLAY×EXILE名義で『SCREAM』を発売。オリコン1位を獲得、同年の年間シングルセールスチャートでも5位を獲得。
2005年12月14日、19枚目のシングル『ただ…逢いたくて』を発売。auのキャンペーンソングで、『real world』以来1年5ヶ月ぶり2作目のオリコンシングルチャート1位を獲得、自身最大の56.2万枚をセールス。年間シングルセールスチャート第6位。なおこの曲はSHUNがEXILEにいる間に作詞した最後の曲でもある。
2005年12月31日、初のカウントダウンライブ「COUNTDOWN LIVE 2005-2006」を開催。幕張メッセの模様は札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡の全国5箇所の会場に衛星生中継により配信された。
2006年3月1日、20枚目のシングル『YES!』を発売。アルバム『ASIA』からの先行シングルでありながら、『ただ・・・逢いたくて』に引き続き2作連続通算3作目のオリコン1位を獲得。 SHUNを加えた6人では最後のシングルとなった。
2006年3月29日、ヴォーカルのSHUNが脱退。SHUNは、長渕剛のように男くささや人間くささを歌うことを望んでいたため、ダンスミュージックのEXILEの歌とは隔たりがあったことが脱退の原因。SHUNは脱退後、本名の清木場俊介名義でソロ活動を続けている(事務所は変わらず)。
2006年3月29日、4枚目のアルバム『ASIA』とライブDVD『EXILE@LIVE TOUR 2005 PERFECT LIVE〜ASIA〜』の発売をもって、EXILEの第一章は完結した。
2006年4月21日、ファンからの要望のため「ミュージックステーション」にて6人が一夜限りの再結集、事実上のラストライブを行い、「YES!」と「Your eyes only〜曖昧なぼくの輪郭〜」を披露。

2006年6月、5人目のパフォーマーとしてRATHER UNIQUEのダンサーAKIRAを加えた。
2006年9月22日、参加者約1万人に及んだオーディション「EXILE Vocal Battle Audition 2006〜ASIAN DREAM〜」を制したTAKAHIRO(オーディションには本名「田ア敬浩」で出場)が新ヴォーカリストとして加入。7人組ユニットとなる。
2006年11月22日、長年交流のあった倖田來未とコラボレーションし、『WON'T BE LONG』をEXILE&倖田來未名義で発売。着うたが100万ダウンロードを達成。
第二章開幕後12月6日、21枚目のシングル『Everything』、1月17日に『Lovers Again』と、2ヶ月連続でシングルをリリース、活動を本格的に再始動させた。
2007年2月14日、23枚目のシングル『道』を発売。2007年2月26日付オリコン週間シングルチャートにてオリコン史上1000曲目の1位となった。
2007年3月1日、TAKAHIROの母校、長崎県立佐世保東翔高等学校の卒業式にてサプライズライブ。

ほぼすべてのアルバムにインストが収録され、それらはライブでパフォーマーがダンスする際に用いられることが多い。
シングル曲、アルバム収録曲に関わらず多くの楽曲がタイアップされている。
初期はR&Bテイストの楽曲を多く取り入れていたが、2003年頃から「Together」、「EXIT」のような「エグキャッチー」と称したポップス路線が主流となっている。
メンバーは酒豪であるが、非喫煙者。
脱退したSHUNも含めた初期メンバーの6人全員が50万円ずつ出資し有限会社エグザイルエンターテイメント(現:株式会社LDH)を立ち上げた。メンバー全員が社員である。
ゲストで参加したテレビ番組でマネージャーを募集することが度々あった。
第二章開幕後、「エグキャッチー」に加え、「Lovers Again」や「彼方から此処へ」のようなミディアム系統の曲を「エグセツナ」と称すようになる。
メンバー間の年齢差が大きく、最年長のHIROと最年少のTAKAHIROでは15歳離れている。
アルバムは半ベスト状態であり、アルバム未収録曲はリミックスを除いては6thシングル『EX-STYLE〜Kiss You〜』収録の「Blade」「across」、『EPISODE I』収録の「Self Belief」のみである



タグ:EXILE
posted by EXILEfan at 15:09 | EXILE 紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。